芽室消費者協会 本文へジャンプ


芽室消費者協会
〒082-0030
北海道河西郡
芽室町本通り1丁目19 めむろ駅前プラザめむろーど3階
пEfax
0155-62-9000

  
問い合わせ
   メールはここをクリックしてください
消費生活についての相談はメールで受付けておりませんのでご了承ください


                                         所在地   消費生活展  
令和3年度
 新型コロナウイルス感染症の拡大を契機として、消費者の行動は大きく変化している。マスクの着用、手洗い、密接を避けるなどの感染予防対策を取りながら、抑制された生活様式への移行を余儀なくされている。このような中で、私たちは国連の持続可能な開発サミットで採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」の理念、「誰一人取り残さない」という言葉を再認識したい。また、限りある資源を考慮し、商品やサービスに無駄が無いよう自らが「使う責任」を意識し、積極的に持続可能な将来に向けて行動していきたい。
 今年度5月の全国消費者月間テーマは「“消費”で築く新しい日常」であり、これは「自分だけ」の消費行動を控え、社会全体のことを考えた消費行動が求められていると考えられる。
 今年度は消費生活展開催年でもあり、身近な話題を取り上げ、町民に有益な情報を提供するとともに、消費者協会の活動に関心を持っていただけるような展示を心掛けたい。
 なお、悪質業者から消費者を守るため、情報を積極的に発信し、複雑多様化する消費生活相談にも一層取り組む。合わせて他団体と情報交換しながら、消費者被害の防止に努め、会員誰もが参画しやすい計画のもと、次の事業を推進していく。

T 重点課題に基づく事業
 1 消費者被害防止や日常生活の相談業務・啓発活動などの充実強化
(1) 相談窓口の充実強化・・・相談員の研修等による資質の向上、法律相談窓口設置
(2) 被害未然防止の啓発活動・・・広報活動とともに、各種団体との連携
(3) 消費者の権利の尊重・自立支援の拠点・・・関係情報の収集と発信

 2 「私たちと環境の健康を守るために」及び「生活の安全を確保するために」の事業
(1)「私たちの健康を守るために」の事業の推進
・ 食についての関心を高め、安全な食品を見抜く消費者力の向上
・ 安全・安心な食品として、信頼できる地産地消の推進と生産者との連携
(2)「環境の健康を守るために」の事業の推進
  ・ごみ処理方法の課題を調査 ・食品ロス削減方法についての学習
・原子力発電の学習  ・再生可能エネルギーの学習
(3)「生活の安全を確保するために」の事業の推進
・商品やサービスの宣伝広告による消費者の動向について学習

 3 消費者の声の窓口
    日常生活全般の情報交換の場としてサロンを開催

U 会員相互の資質向上と組織の充実強化
  1 会員の事業参加推進と自主活動の支援
  2 重点課題に基づいたサークル活動の推進
  3 社会・経済事象の学習
  4 町民との接点の拡大と会員増強への取り組み
  5 消費者月間事業の推進 
  6 各種大会への参加

V 第22回消費生活展 令和3年11月14日(日)めむろーど2階セミナーホール

研修部・調査部・広報部・相談部の活動計画は部会活動欄をご覧ください。


   Copyright (C) 2004-2020 芽室消費者協会 All Rights Reserved