芽室消費者協会 本文へジャンプ


芽室消費者協会
〒082-0030
北海道河西郡
芽室町本通り1丁目19 めむろ駅前プラザめむろーど3階
пEfax
0155-62-6556

  
問い合わせ
   メールはここをクリックしてください
消費生活についての相談はメールで受付けておりませんのでご了承ください


                            所在地   燃料価格調査   消費生活展  活動日記 
 
平成24年(2012) 8月号   
知らない業者から支払いの請求が!過去の支払い忘れか?!
問 
 消費者金融と思われる業者から特定記録郵便で「90万円の未払いがある」という知らせが届いた。以前、数件の消費者金融から借り入れして完済しているが、未返済の業者があっただろうか。業者名に記憶にないが、気になるので連絡しようと思う。  
(30歳代 男性)
 相手業者名を調べると、自治体から『不当請求事業者』として公表されている業者名でした。連絡してしまうと、更に個人情報を聞き取られるので、名前に記憶が無ければ連絡はしない方が良いでしょう。過去に借り入れ経験がある方などは、その個人情報が架空請求に使われている可能性もありますので、充分注意してください。

 最近の架空請求は特定記録郵便を使って送られてくることがあります。この特定記録郵便とは送った側に記録が残る方法なので、受け取る側は「重要な書類?!」とドキッとするかもしれません。しかし、相手は本物だと信じ込ませることが狙いなので、慌てず冷静に対応してください。
 ただ事業者名に記憶がないからといって全てが架空請求とは限りません。年月が経つうちに債権が譲渡されていたりすると、別名の事業者や法律事務所から請求が来ることがあります。
 日頃から、郵送で「債権譲渡譲受通知書」などが届いた時は気に留め、支払いする相手の事業者名を常に明確にしておくことが大切です。そして請求の内容が不審に感じるなら、すぐには相手に連絡せず、消費生活センターへ相談してください。


事例集一覧へ戻る




   Copyright (C) 2004-2009 芽室消費者協会 All Rights Reserved